iPad Mini 2 Retinaのバッテリー交換 修理・分解方法 13工程




iPad Mini 2 Retinaの充電ができない、バッテリーの劣化、膨張による修理方法、分解方法

バッテリー交換をした場合、データは消えてしまうのか?

バッテリー交換をしただけではデータが消えてしまう事はございません。
iPadのデータはロジックボード上にあるNANDという部分に記録されておりますので、バッテリーを交換するだけではデータは無くならないのです。
ただし、データが無くならないのは自分で修理した場合、もしくは非正規店で修理した場合に限ります。
Appleや正規サービスプロバイダに依頼をするとほぼ100%データの初期化となるために、データを残してバッテリー交換をしたい場合はメーカー修理は避けたいところです。
また、iTunesなどでバックアップが取れる方であればメーカー修理は問題ないのですが、バックアップが取れない、面倒と感じる場合は非正規店に相談をしてみてください。
非正規店のメリットはデータに関係のない修理をする場合のほとんどでデータはそのままの状態で作業を進めてくれますので。
もしくわ以下の分解方法を参考に自分でバッテリー交換ができてしまえば今までのデータでそのままiPadを使う事ができますね。
ただしいつ起きてしまうかわからない故障に備えバックアップを取ったり、バックアップのやり方を覚えていた方が無難です。

AppleでiPad Mini 2 Retinaのバッテリー交換をした場合は10800円かかるようです。

iPad Mini Retinaのバッテリー交換・分解手順

【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 1】
ipad Mini retina 液晶パネル交換方法1
iPad Mini Retinaモデルのバッテリー交換方法を公開いたします。
バッテリーの持ちが悪い場合に有効な修理方法となりますので参考にしてください。
使用工具は、ヒートガン、ドライヤー、プラスドライバー、サクションカップ、ヘラなどになりますので用意してください。
それではiPad Mini Retinaモデルの分解に入りたいと思いますが、まずは液晶ガラスの黒淵部分にヒートガン、ドライヤーなどで熱を加えます。
液晶ガラスは強力な両面テープで固定されているだけですが、熱を加えることでテープが柔らかくなり剥がしやすくなります。
現時点で発売されているiPad全てに言えることですが、画面は本体側に強力な両面テープで固定されておりますのでiPad Mini Retina以外の場合でも同じ作業をしていくようになります。



【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 2】
ipad retina バッテリー交換方法2
熱を与えてからヘラなどで抉るようにすると画像のように浮かす事ができますが、サクションカップを使うともっと楽に作業ができます。
サクションカップを使った方法
サクションカップを使い、隙間が開いた部分にヘラを差し込んでいくのが一番効率が良い分解方法になります。


【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 3】
ipad retina バッテリー交換方法3
液晶ガラスを外すと画像の状態になります。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 4】
ipad retina バッテリー交換方法4
液晶パネルは合計4ほんのネジで固定されており、それぞれ4つ角にネジがあります。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 5】
ipad retina バッテリー交換方法5
赤枠部分が液晶パネルを固定している全てのネジになりますので外してしまいます。
右上、右下のネジの上にはマグネットが付いておりますが、このマグネットは無くさないように保管してください。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 6】
ipad retina バッテリー交換方法6
先ほどのネジを外すことができると液晶パネルを起こすことができます。
液晶パネルを起こす際にテープなどついているところがありますが、テープを剥がさないで無理に起こそうとすると液晶割れをしてしまう恐れがありますので慎重に作業するようにしてください。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 7】
ipad retina バッテリー交換方法7
液晶パネルの下には鉄のプレートが敷いてありますが、赤枠部分のネジを外すことでプレートを外すことができます。


【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 8】
ipad retina バッテリー交換方法8
プレートを外した状態です。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 9】
ipad retina バッテリー交換方法9
プレートを外すことができるとipad本体の右下に上記画像の部分があります。
赤丸部分のネジを全て外しプレートを外しましょう。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 10】
ipad retina バッテリー交換方法10
プレートを外すことができると上記の画像になりますが、赤枠部分で囲んであるところがバッテリーの接続箇所になります。
ipadを分解する上でバッテリーの取り外しは最初に行うようにします。
バッテリーを外さないで分解をしていくとショートする恐れがあり、他の箇所の故障に繋がる可能性がありますので必ず行うようにしてください。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 11】
ipad retina バッテリー交換方法11
バッテリーの接続部分を外した状態です。
コネクターは下から上に起こすようにすると外すことができます。
【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 12】
ipad retina バッテリー交換方法12
バッテリーは先ほどのコネクター以外に強力な両面テープ(ボンド?)で本体についておりますので画像のようなヘラなどを使うことで分解がしやすくなります。
無理に外そうとするとバッテリーが故障してしまうことがありますので、少しづつ浮かせていくことが重要です。
4分の3位剥がすことができたらあとは手で剥がしていく事ができるようになります。



【iPad Mini 2 Retina バッテリー交換 STEP 13】
ipad retina バッテリー交換方法13
ある程度iPad Mini 2 Retinaを分解をした画像です。
液晶ガラス、液晶パネル、バッテリーを外した状態になりますが、バッテリーを外す前に色々なパーツを外す必要がありますのでそれらのパーツを壊さないように注意しながら進めなければなりません。
修理店でもiPhoneのバッテリー交換と違い10分、20分で終わるわけではありませんので、初めてiPadの分解をする場合は2時間くらい見ておいた方が無難ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です