MacbookProのメモリー交換、修理・増設方法




MacBook Proのメモリー交換、増設、容量不足など

皆さんはメモリーをご存知でしょうか?
メモリーとは、データを記憶する部品のことですが、メモリーは大きく分けてと読み書き両方できるRAMと読み出し専用のROMがあります。
一般的にメモリーと呼ぶ時はPC内のRAMであるメインメモリーのことをいい、データなどを一時的に記憶する部品のことです。
メモリーはパソコンを購入する際のチェックポイントとして挙げられ、メモリ、HDD(SSD)、CPUといったように非常に重要なパーツである事は間違いありません。

MacBook Proの機種にもよりますが、一番簡単にパーツ交換ができる所はメモリです。

今回は実際にどのようにしてMacBook Proのメモリ交換を行うのか画像付きで説明をさせていただきます。
分解のために用意をしたMacBook Proは、今でも所有されている方の多いMacBook Pro15インチ A1286となります。
2009年から2012年あたりまでに販売のあったMacBook Proであれば分解方法はほぼ同じとなり、MacBook Pro A1286以外でも十分応用できますのでMacBook Proのメモリー交換、増設に興味のある方は是非参考にして頂ければと思います。
また、分解に使う工具も少なく、先端の細いプラスドライバー1本あればメモリー交換はできてしまいます。
車の修理に例えるとワイパー交換くらい簡単な内容になっていると思いますね!

MacBook Pro A1286のメモリー交換、増設は以下の分解方法で解決!

【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 1】
MacBook Pro メモリ交換
必ずシャットダウンしてから作業をスタートし、電源を落としたあとは本体を裏返しにします。
すると赤丸で囲んでいる所に全部で10本のネジがありますので用意しておいたプラスドライバーでネジを外してしまいましょう。
全てのネジが同じものではなく、微妙に長さや形状が異なりますので外した場所がわからなくならないように保管をしてください。
あとでネジを戻す際に間違った場所に取り付けをするとネジが完全に閉まらなくなってしまたりネジ山が潰れてしまう可能性がありますので注意してください。
全てのネジを外す事ができると裏蓋を開ける事ができますが、画像でいうと上から手前に起こすようにします。
【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 2】
裏蓋を外すとMacBook Proの内部が見えてきましたが、この時点ではまだ通電されているために注意してくださいね。
色々と内部の構造を理解しておくと今後の分解に役立つと思いますね。
ちなみに左上がDVDドライブ、左下の黒い四角のパーツがHDD、右下がバッテリー、真ん中にある緑色のパーツが今回の対象でもあるメモリとなっております。
【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 3】
裏蓋を開けるとすぐにメモリの確認ができるために取り外したい気持ちはありますが、まだ通電されている状態になりますので先に電気を遮断してしまいましょう。
メモリ横に赤枠部分がありますが、バッテリーとロジックボードを接続しているコネクターです。
コネクターを外す事で電気を遮断する事ができますが、下から上に持ち上げるようにすれば外す事が可能です。
爪の先端をコネクターの両サイドに引っ掛けて上に引っ張ると簡単に抜けますね。
【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 4】
すみません、1枚画像を撮影し忘れてしまいました。
今回のMacBook Proはメモリーが2枚取り付けられておりますが、すでに1枚目が外れちゃってますね。
肝心なメモリーの外し方ですが、メモリーは左右にあるプラスチックの爪で固定されております。
その爪部分を矢印の方向に引っ張ってあげると上記の画像のようにメモリーが上に飛び出てきます。
【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 5】
上に飛び出た状態でそのまま手前に引き抜けば1枚目のメモリーを外す事ができます。
【MacBook Pro A1286 メモリー交換 STEP 6】
2枚目のメモリーも外し方は同じです。
MacBook Proのメモリスロットは2つとなりますので2枚まで取り付けができますが、定番なメモリーの組み合わせは2GB x 2、4GB x 2ですね。
最大で16GB (8GB x 2)も可能ですが、8GBのメモリは一気に値段が高騰しますので、MacBook Proにスピードを求めるのであればSSD交換を視野に入れた方が良いと思います。
一昔前はSSDの価格が高かったのでなかなかSSDに変更はできませんでしたが、今となっては数千円で購入できるSSDも存在します。
メモリに数千円かけるようでしたらMacBook Pro A1286の場合はSSD交換をお勧めしますかね。。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です