Macbook A1181 メモリー交換、増設などの修理方法 5工程




Macbook A181のメモリ増設、起動しない場合の修理方法、分解方法

Macbook A1181のが起動しない、リンゴマークが出ない、フォルダマークが出ている時の部品交換方法

【Macbook A1181 メモリー交換 STEP 1】
macbook A1181 メモリー交換方法1
Macbookのメモリを増設したい、メモリが故障してしまった場合は今回の分解方法が参考になります。
A1181にはスロットが2つありますので2枚までメモリを指す事が可能となっております。
作業難易度としては5段階中1程度になりますので簡単にメモリ交換が可能と思いますのでぜひチャレンジしてみてください。
【Macbook A1181 メモリー交換 STEP 2】
macbook A1181 メモリー交換方法2メモリはバッテリーを外したところに収納されておりますのでまずはバッテリーを外していきます。
バッテリーのすぐ横に丸い部分がありますが、コインなどを差し込み回すようにすれば簡単にバッテリーを外す事が可能です。
【Macbook A1181 メモリー交換 STEP 3】
macbook A1181 メモリー交換方法3バッテリ−を外す事ができると画像の状態になると思いますが、赤枠部分にネジがついておりますので緩めてしまいます。
この部分のネジは完全に外れないようになっておりますが、全開までネジを緩める事ができれば鉄のプレートごと外れるようになっております。
【Macbook A1181 メモリー交換 STEP 4】
macbook A1181 メモリー交換方法4鉄のプレートを外す事ができましたが、この内部にメモリーが隠れております。
【Macbook A1181 メモリー交換 STEP 5】
macbook A1181 メモリー交換方法5メモリーは先ほど外した鉄のプレート内部に隠れております。
オレンジ色部分のつまみを矢印方向に押し込むと前方にメモリが出てきますので外す事が可能です。
これで作業工程としては完了となりますので、新しく用意しておいたメモリーを差し込み元の手順で組み直しをすれば完了です。
時間としては5分程度になります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です