Surface Pro 3のバッテリー交換 分解・修理方法

surface pro 3 バッテリー交換




Microsoft Surface Pro 3のバッテリーの持ちが悪い、膨張している場合はバッテリー交換が必要となりますが、Surface Pro 3のバッテリー交換は簡単に行う事ができず分解が必要となります。
また、分解難易度も非常に高くバッテリーを取り外すまでに液晶を取り外さなくてはなりません。

今となっては数機種前のモデルになってしまったSurface Pro 3ですが、非常に人気が高い事で現役機種として使われている方も多いのではないでしょうか?
今まで故障なく使えていたSurface Pro 3でも発売された年式から考えると一番問題になってくるのがバッテリーの劣化ですが、以前に比べ電池の持ちが悪くなった場合はバッテリー交換をおすすめいたします。
MicrosoftでSurface修理をする場合はデータの初期化が基本となりますので、データを残した修理がしたい場合はバックアップを自分で取るなど対策が必要となります。

液晶の取り外しができればバッテリー自体の取り外しはあまり難しくはないのですが、液晶を割ってしまったり故障させてしまうと余計お金がかかってしまうためにリスクがあります。Surface Pro 3の液晶交換を確認していただき難しいと感じるようでしたら迷わず修理店に相談される事をお勧めいたします。

 

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 1】

Surface Pro 3のバッテリー交換で最も難しい分解が液晶を取り外す作業です。
赤線部分に強力な両面テープが貼られてディスプレイが固定されているだけになるのですが、無理に剥がそうとすると画面割れをしてしまいますので注意が必要です。
バッテリーの部品代金よりも液晶の部品代金の方が高額となりますので、万が一分解中に割ってしまったり故障させてしまうとかえって高額な修理代金になってしまいますので慎重に作業を進めてくださいね!

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 2】

画像の工具はヒートガン、サクションカップになります。
ヒートガンは家庭で使うドライヤーの強力な物といえばわかりやすいでしょうか?
ただしドライヤーと比較をすると温度が全く異なる為に、作業効率を求める場合はヒートガンを使った方がスムーズです。
バッテリーを取り外す前に液晶を剥がしますが、専用の工具を準備して分解に入るようにしてください。
これらの工具はSurface以外の修理でもよく使われますので、1つ持っていれば様々な修理に対応できますね。

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 3】

バッテリーのコネクター、液晶側のコネクターを外すところまで完了した状態ですが、ここまでの工程で全行程の8割程度が終了しております。
Surface Pro 3の分解で最も難しい作業になりますので、時間をかけて液晶を外すようにしてください。
Surface Pro 3の液晶交換はこちら

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 4】

バッテリー自体は本体に両面テープで固定されているだけになりますが、液晶パネル同様に強力な両面テープで張り付いております。
背面側に軽くドライヤーを当ててテープを柔らかくする方法もありますが、今回は熱なしで剥がしていきたいと思います。
画像のようにプラスチックのヘラをバッテリーの下に差し込みテープを裂いて行くようなイメージです。
ただしそのまま差し込むのではテープが硬いために、あるアイテムを使うと剥がしやすくなります。
ブレーキクリーナー、パーツクリーナーと呼ばれるスプレーが数百円程度で売られておりますが、スプレーをヘラの先端に吹きかけてからヘラを差し込むと滑りが良くなりテープを剥がしやすくなるのでオススメです。
スプレーはヘラを差し込んでいる状態で服つけるのではなく、本体と離れた所でスプレーをし、その後に差し込むようにしてください。

 

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 5】

先ほどとは違う角度にヘラを差し込んでいる状態です。
バッテリーを固定しているテープはバッテリーの裏側全体に張り付いておりますが、色々な角度からヘラを差し込んだ方が早く剥がす事ができます。
無理に工具を差し込んでいると基盤や他のパーツを損傷させてしまう危険もありますので、工具を差し込む深さを意識するようにしましょう。

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 6】

ある程度テープが剥がれた状態でゆっくりとバッテリーを持ち上げた所です。
中に配線などの巻き込みがないかチェックしながらヘラでテープを裂くようにしましょう。
この状態でバッテリーの半分が剥がれた状態となります。

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 7】

Surface Pro 3のバッテリーを本体より取り外す事ができました。
あとは交換するために用意しておいたバッテリーを取り付けし元の手順で組み込みをしていけばSurface Pro 3のバッテリー交換は完了となります。
一度剥がれてしまった両面テープは粘着力が弱くなっている為に、再度両面テープを貼り付けた方が良いでしょう。

 

【Surface Pro 3のバッテリー交換修理 8】

タブレット、iPhone、スマホ全般に言える事ですが、交換するバッテリーは必ずPSEマークのついたものを使うようにしましょう。
国が定めた法律で電気用品安全法という項目がありますが、安全にバッテリーを使うために規制をかけているないようになります。

 

まとめ

Surface Pro 3のバッテリー交換は難易度が非常に高いです。
バッテリー交換をするためには液晶を取り外しますが、その時点で画面割れをさせてしまったということもよく聞きますので初めてSurfaceの分解をする場合は十分に注意する必要がございます。
Surfaceのバッテリー自体もなかなか入手ができないために、まずはバッテリーの入手ができてから分解をするようにしましょう。
またデータを残したSurface修理をしたい場合は万が一に備え必ずバックアップを取ってから行うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク