MacbookPro A1286 キーボード交換方法 全8工程




MacbookPro A1286のキーボードが効かない、反応しない場合の修理方法、分解方法

MacbookPro A1286のキーボード交換、キーボード故障の際は以下の分解方法が参考になります!

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 1】

MacbookProA1286 キーボード交換方法1
MacBook Proのキーボードに水やお茶をこぼしてしまった際にキーボードは不良を起こしてしまい、キーが効かない、キーが連打される、電源が入らないなどの症状が出る場合があり交換修理を行う必要があります。
キートップが外れてしまって内部のパンタグラフが欠損してしまった場合でも部分修理が出来ない為にキーボードの丸ごと交換になります。
キーボードを取り外すにはほぼ全バラしが必要となり、途中ロジックボードなどを取り外す工程がありますが、ロジックボードを損傷させてしまうと電源が入らなくなってしまったりと予期せぬ故障につながってしまいますので分解には注意が必要です。
では、MacBook Pro 15インチ(Model No.A1286)のキーボードの分解方法を紹介していきますので交換の際に参考にしてください。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 2】

MacbookProA1286 キーボード交換方法2
途中の作業工程を一部省略しておりますので、バッテリー交換ロジックボード交換で確認をしてください。
ロジックボードを取り外せたらキーボードの電源ボタンが小さなネジ2箇所でとまっていますので、プラスドライバーで2箇所のネジを外します。
取り外す際に下にリング上のパーツがありますが、後で再利用しますので無くさないように保管してください。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 3】

MacbookProA1286 キーボード交換方法4
キーボードの電源ボタンのネジを外した後に電源ボタン内部をピンセットなどを使用し角の溝から取り出します。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 4】

MacbookProA1286 キーボード交換方法3
次にロジックボードが取り付けしてあった細長い台座のプラスネジ2箇所を取り外し台座ごと取り除きます。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 5】

MacbookProA1286 キーボード交換方法5
キーボードのLEDシートのまわりが粘着テープで接着されておりますので破かないように慎重に剥がしていきます。
バックライトシートは軽い両面テープで固定されておりますが、そのまま外そうとすると破けてしまう可能性がありますのでドライヤーなどで軽く温めながら剥がしていくと綺麗に剥がすことが出来ます。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 6】

MacbookProA1286 キーボード交換方法6
LEDシートを剥がすといよいよキーボード本体の登場ですが、かなり多くのネジでとまっている事がわかると思います。
気が遠くなりそうですが、約100本近くある小さなネジを全て外してしまいましょう。
このネジも後で再利用しますのでトレーなどを用意してネジを無くさないようにしてくださいね。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 7】

MacbookProA1286 キーボード交換方法7
先端の細いプラスドライバーでないとネジ山が合いませんのでない場合は用意してください。
ネジ山が合わないドライバーで無理に外そうとするとネジがなめってしまいネジを外すのが困難になってしまいますので注意してください。

【MacbookPro A1286 キーボード交換 STEP 8】

MacbookProA1286 キーボード交換方法8
全てのネジを外すと簡単にキーボード単体を取り外す事が出来ます。
同じ言語のキーボードに交換する場合は問題ないですが、JIS(日本語)キーボードからUS(英語)キーボードに交換したい場合はキーの形状が異なる為にトップケース丸ごとの交換が必要になりますので注意してください。

慣れている方で1時間以内、初めてMacbookProのキーボード交換を行う場合は2時間前後の修理時間がかかると思いますので、焦らず慎重に作業してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です