iPadAirのバッテリー交換 修理・分解方法 全5工程




iPadAirのバッテリーが持たない、充電できない場合の修理方法、分解方法

iPadAirのバッテリー交換・分解手順

【iPadAir バッテリー交換 STEP 1】
iPadAirのバッテリーの持ちが悪くなってしまった、電源が入らくなってしまった、充電ができない場合に有効となる分解方法になります。
電源が入らなくなってしまった場合はドックコネクターなど他のパーツが故障している可能性がありますので、万が一バッテリー交換をしても電源が入らない場合は他の故障を疑ってください。
近い部分ではドックコネクター故障、ロジックボード故障の疑いがあります。
バッテリーの分解は液晶パネル交換をする所までは同じ工程になりますのでそちらを参照してください。
iPadの分解で最も時間がかかる内容が液晶を取り外す作業になりますが、誤って画面を割ってしまわないように慎重に作業を進めてください。



【iPadAir バッテリー交換 STEP 2】
液晶パネルを取り外す所まで完了した状態です。
すでにバッテリーが簡単に取り出せそうな状態にはなっておりますが、バッテリーの差し込みがロジックボード下側に潜り込んでおりますので安全策のために少し遠回りをしながら確実な分解をしていきたいと思います。
バッテリー上部にフロントカメラ、リアカメラがありますが、外すのに時間はかからないために取り外すようにしましょう!
iPadAirのカメラ交換を確認する
カメラを取り外すことができれば大きなパーツとしてはバッテリーとロジックボードのみとなります。
【iPadAir バッテリー交換 STEP 3】
先程取り外しをしたカメラ側よりロジックボードを起こすようにすると画像のような状態になります。
下側はケーブルがありますので断線させないようにしてください。
画像の状態になればOKです。
【iPadAir バッテリー交換 STEP 4】
バッテリーは強力な両面テープ、ボンドで固定されておりますので下からこじる必要があります。
先程ロジックボードを起こした作業はヘラを入れやすくするために行いました!
そのままヘラを入れようとすると非常に硬いために背面パネル(リンゴマーク側)をドライヤーや、ヒートガンなどを使い熱を与えながらヘラを入れていくと両面テープが柔らかくなるために作業は外しやすくなります。
画像でいうとバッテリーの下側に金色部分がありますが、ここがiPadAir本体とバテリーを接続している場所になっております。
バッテリーの劣化で交換するのであればバッテリー側を傷つけてしまても問題はありませんが、ロジックボード側を傷つけてしまうとバッテリー交換しても認識しなくなってしまうために注意してください。



【iPadAir バッテリー交換 STEP 5】
iPadAir本体よりバッテリーを取り外すことができました。
バッテリーは偽物が日本国内でも大量に出回っておりますので注意してくださいね!
※万が一偽物のバッテリーでiPadを使い続けてしまうと電圧の関係で他のパーツを痛めてしまうことも考えられます。
iPadAir自体はまだ古い機種ではないために劣化はほとんどないと思いますが、使用される時間次第では劣化することもございます。
交換するバッテリーは必ずPSEマークが入ったバッテリーを使うようにしてくださいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です