iPhone6sのラウドスピーカー交換・分解方法 全7工程




iPhone6sの音が出ない、聞こえない場合の修理方法、分解方法

iPhone6sのラウドスピーカー交換・分解手順

【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 1】
iphone6s  ラウドスピーカー交換分解方法1iPhone6s自体がまだ新しい機種になりますのでラウドスピーカーはそこまで故障する部分ではありませんが、スピーカーに切り替えると音が出なかったりした場合は部品交換が必要になる可能性がありますので以下の内容を一度ご確認ください。
万が一先程のようなスピーカーから音が出なくなってしまった場合は一度再起動をかけたり、バックアップをとってから初期化を行ってみてください。
それでも症状が改善されない場合は物理的に故障している可能性がありますので部品交換を行う必要があります。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 2】
iphone6s  ラウドスピーカー交換分解方法2iPhone6sを分解する際は必ずバッテリーを外す作業からいたします。
今回はわかりやすいようにバッテリ−ごと外しておりますが、分解の内容次第ではコネクター部分のみ外す作業で問題はございません。
分解工程はバッテリー交換で紹介しておりますのでそちらを参照してください。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 3】
iphone6s  ラウドスピーカー交換分解方法3バッテリー下にTaptic Engineがありますが、ネジ2本で固定されておりますので外してしまいます。
ちなみにTaptic EngineとはiPhone6sから搭載された押した時に感覚があるアレです。
ネジを外す事ができればあとは手で外す事ができます。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 4】
iphone6s ラウドスピーカー分解方法4ここからはラウドスピーカー自体を外していきます。
まず赤丸部分のネジを全て外してしまいましょう!
赤丸部分の1箇所にだけ矢印がありますが、ネジを外すと金具が見えてきます。
この部分は横から金具が挟み込まれているだけになりますので矢印方向に引っ張ると簡単に外す事ができます。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 5】
iphone6s ラウドスピーカー分解方法5ラウドスピーカー下側に1箇所だけネジが隠れているところがありますが、黒いシールをめくると画像のようにネジが現れますので忘れずに外してくださいね!
これでラウドスピーカーを大きく動かす事ができます。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 6】
iphone6s ラウドスピーカー分解方法6画像のようにラウドスピーカーを動かす事ができたと思いますが、ラウドスピーカー上部まで長いケーブルが伸びている事が確認できると思います。
【iPhone6s ラウドスピーカー交換 STEP 7】
iphone6s ラウドスピーカー分解方法7最終的に先程のケーブルはロジックボードに繋がれておりますが、ロジックボード横に挟み込まれて最後にロジックボードに接続されております。
このコネクターは下から上方向に起こすようにすれば簡単に外す事ができます。
完全にラウドスピーカーを分離させる事ができれば新しく用意しておいた部品に交換し元の手順で組み込みをすれば作業は完了となります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です