iphone6s リアカメラ分解方法、修理方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6sのリアカメラ交換・分解手順

【iPhone6s リアカメラ交換 STEP 1】
iphone6s  リアカメラ交換分解方法1 iPhone6sのリアカメラが物理的に故障してしまった場合の分解方法になります。
見ての通り簡単に取り外せそうな感じですが、内部で固定されているために分解をする必要があります。
リアカメラが故障してしまった場合はなかなか故障箇所の切り分けがしづらいですが、起動してもすぐ落ちてしまったり、砂嵐になってしまったり、フリーズしたりする場合はリアカメラ自体の故障が多いです。
リアカメラの不具合は再起動をかけたり、リセットしたりすると治る場合もありますので、一度試されることをお勧めいたします。
それでも症状が改善しない場合はハード的な故障が考えられますので、リアカメラ自体を交換してみる必要があります。
【iPhone6s リアカメラ交換 STEP 2】
iphone6s  リアカメラ交換分解方法2 バッテリーのコネクターを外しましたのでこれで本体に電気が流れないようになりました!
ここまではバッテリー交換と分解方法は同じになりますのでそちらを参考にしてください。
【iPhone6 リアカメラ交換 STEP 3】
iphone6s リアカメラ交換分解方法3 iPhone6s本体と液晶側に分離させる事ができました。
ここまでは液晶交換と分解方法は同じになりますのでそちらを参考にしてください。
【iPhone6s リアカメラ交換 STEP 4】
iphone6s リアカメラ交換分解方法4 液晶側と本体側で分離ができたら、ここからはiPhone6sの本体側のみを分解をしていきます。
逆に今回はリアカメラですが、フロントカメラを交換する場合は液晶側を分解していきます。
赤丸部分がリアカメラのある場所になりますが、先にネジ2本を外してしまします。
ネジを外す事ができればカメラを覆っているシルバーのプレートが外れますので外しておきましょう!
オレンジ色のところはリアカメラとロジックボードがコネクターで繋がれている箇所になります。
外し方ですが、下から上方向に持ち上げるようにすれば簡単に取り外す事ができます。
【iPhone6s リアカメラ交換 STEP 5】
iphone6 リアカメラ交換分解方法5 リアカメラを外す事ができました。
故障してしまった場合は新しく用意しておいたリアカメラに交換し元の手順で組み込みをすれば作業は完了です!
1つ補足事項がありますので以下で確認してくださいね!
カメラが故障していないのに分解をするケースは他にもございます。
それは写真を撮った時に毎回同じ箇所にゴミのような物が写っているケースに心当たりはないでしょうか?
実はこの原因はポケットやバックにiPhone6sを入れている時に、iPhoneの隙間から埃が入ってしまった事が原因なのです。
この場合も上記と同じ分解をする必要があり、リアカメラを外した状態までにする必要がございます。
リアカメラを外した内部には保護ガラスがありますので、ここを内側から掃除すれば症状は改善されます。
指紋などをつけてしまうと結構大変になってしまうために綿棒などで掃除をする方法が一番良いと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【iPhone6sの分解に使用した工具、部品、関連のある商品】

スポンサーリンク

iPad 分解方法

ipad分解

ipadのガラス割れ
ホームボタン交換
液晶の表示不良
液晶交換 など

iPhone 分解方法

iphone 分解方法

iphoneのガラス割れ
液晶交換
ドックコネクター交換
ホームボタン交換 など

ノート 液晶修理方法

ノートパソコン液晶修理方法

ノートPCの分解ページ。
メーカー、機種別
液晶割れ
表示不良、画面に線

Mac 分解方法

macのノートパソコン分解方法

Mac PCの分解のページ。
macbookpro
retinaモデル
macbook air など