MacbookPro A1286 ハードディスク交換方法 全10行程




MacbookPro A1286が起動しない、リンゴマークから進まないなどの修理方法

MacbookPro A1286が起動しない、リンゴマークから進まない場合に参考になります!

【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 1】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法1長年MacbookProを使用している方は経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、起動時にリンゴマークからフリーズして進まない、シャットダウンしてしまう、フォルダマークが出てきてしまう、起動はできるが動作が重いなどの症状が出てしまう場合があります。
この場合の多くはHDD(ハードディスク)の不良や故障、OSの不具合となっております。
HDDの故障の場合には分解して交換をする必要があります。
最近多くなってきてます故障はしていないが動作を早くしたい方や容量を増やす為にHDDをSSDに換装したい方などに、早速MacBook Pro 15インチ(Model No.A1286)のHDD(ハードディスク)交換の分解方法を紹介していきましょう!
まずは本体を裏返すとプラスネジで10箇所とまっておりますので、全て取り外します。
※MacBook Pro、Apple製品全般に言える事ですが、場所によりネジの形状や長さが微妙に違いますので分解になれるまでは外したネジの場所を画像やメモをとる事できちんと把握しておきましょう!
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 2】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法2ネジを全て取り外すとボトムケース(裏蓋)を持ち上げることで簡単に外すことが出来ます。
この時に内部にホコリが、溜まっている場合もありますがすぐには清掃しないでください。
通電したままで清掃するとショートを起こしてしまう場合がありますので、我慢をして次の工程にいきましょう!
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 3】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法3バッテリーが特殊ネジで3箇所とまっているので全て取り外します。
2箇所は見えていますが向かって一番右のネジはステッカー下に隠れていますのでピンセットでめくりネジを取り外しましょう。
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 4】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法4このようにMacbookPro A1286のバッテリーはあまり見かけない特殊なネジでとまっておりますので、予めホームセンターやWebサイトで購入しておきましょう!
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 5】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法5バッテリーのネジを全て取り外し、バッテリーを持ち上げるとコネクターがメインのコンピューター基板のロジックボードに接続されています。
手でも簡単に外せますが、かたい場合はプラスチック製のヘラなどを使用し傷つけないように取り外し通電を遮断します。
ここで先ほどホコリが溜まっていて我慢していた方は簡単な清掃は可能になります。
FANなど取り外さないと清掃出来ない場合は無理をせずに分解方法を理解してから行いましょう。
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 6】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法6次にHDD横のドライブ側にHDDを固定している黒い部品が、プラスネジで2箇所とまっておりますので取り外します。
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 7】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法7ネジを外しますと簡単に部品は取り外せます。
HDDを固定している黒い部品は両サイドにありますが片側だけでOKです。
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 8】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法8HDDの両サイドにネジが2本ずつあり、それを利用して固定してありますのでスライドさせて本体から取り外します。
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 9】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法9HDDとロジックボードを接続しているケーブルがありますので、手で簡単にコネクターを引き抜くことが出来ます。
HDDケーブルは非常に薄く損傷しやすいので取り扱いには十分注意しましょう!
【MacbookPro A1286 ハードディスク交換 STEP 10】
MacbookProA1286 ハードディスク交換方法10HDDが外れましたらHDDの両サイドにトルクスネジが2箇所ずつとまっておりますので、4箇所全て取り外します。
HDDを取り外しやすいようにテープが貼られておりますので、これも簡単に剥がすことが出来ます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です