パソコンの電源が入らない、DCジャック故障 グラグラしている

dcジャック はんだ補修




ノートパソコンをお使いの方でしたら一度は遭遇した事があるかもしれませんが、電源を入れても全くパソコンが起動しない場合がありますね。

 

パソコンの電源が入らなくなってしまう原因は大きく分けると2つあります。

ノートパソコンの場合になりますが、ノートパソコンの場合は電源を入れる際にバッテリー起動、ACアダプタ起動があります。
バッテリーだけで起動するようでしたらおそらく重症ではないのですが、ACアダプタを差し込んでも電源ラインがつかない、全く電源が入らない場合は結構厄介かもしれません。

故障箇所としてはDCジャック、マザーボード故障あたりが考えられますが、DCジャックの場合はグラグラしているか見る事が切り分けの1つになっております。
ACアダプターの線をDCジャックに差し込みグラグラしているようでしたら、DCジャックのはんだが取れてしまっている、DCジャックのプラスチック部分が折れているなどが考えられます。

以下の画像はASUSのノートパソコンに使われていたDCジャックになりますが、
今回の場合はDCジャックにアダプターの線を差し込むとグラグラしている事が確認できました。

 

dcジャック はんだ補修

 

分解をして見るとリード線とDCジャック部分のはんだが外れていた為に仮止めを行なった所です。
通電するのか確認をする為にこの状態でパソコンの電源を入れて見ると正常に起動する事ができましたので、故障の原因としてはDCジャックのはんだが外れていた為ですね。

画像部分はDCジャックの差し込み部分になりますが、リード線の先がコネクターになっている為に修理としては比較的簡単です。
逆にDCジャックがマザーボードにはんだで直付けされていることもありますが、その場合はマザーボード修理ということになりますので修理としては難易度が高くなっておりますね。
また、DCジャックにアダプターの線を差し込んでも充電されない場合で角度をつけると充電される事がありますが、
その場合も同様にDCジャックの故障の可能性がありますので修理が必要となります。

当社ではメーカーよりも格安にDCジャックのはんだ修理を行なっておりますので、パソコンが充電できない場合はお気軽にご相談くださいませ。